ケール青汁+食物繊維で腸内スッキリ


元々便秘体質だったのですが、ついに便秘薬に頼らないと出ないと言う事がありました。出てもコロコロとした小さくて固い便ばかり、お腹が張ってきて調子の悪い日々が続いたのです。便秘薬を常用するとそのうち耐性がつき、効かなくなると言うので青汁を試してみる事にしました。なぜ青汁を試したいと思ったのか、その理由は食物繊維が豊富に含まれており整腸作用が期待できると思ったからです。

野菜由来の食物繊維なら耐性ができて効かなくなると言う心配も無さそうです。しかし青汁によって食物繊維の含有量が異なります。便秘解消目的で使用したいので、なるべく食物繊維豊富な青汁を選ぶ事にしました。いくつかある青汁から選んだのがDHCのケール青汁+食物繊維と言う特定保健用食品です。野菜の王様とも呼ばれているケールを原材料に使用、独自の製法により1日当たり6.9gもの食物繊維を摂取できると言う特徴があります。他の青汁と比べると食物繊維の含有量が多いのが一番の魅力です。食物繊維には不溶性と水溶性があり、この青汁では水溶性の難消化性デキストリン中心に配合しています。

難消化性デキストリンはジャガイモやトウモロコシなどから作られた成分で整腸作用があります。水溶性食物繊維のため便を柔らかくしてくれます。コロコロとした固い便しか出ない便秘に特に有効と言われているので、期待して飲んでみました。最初の1週間は何も変化が起こらなかったのですが、2週間目に入ると自然に出たのです。たまたま腸の調子が良かっただけかもと思っていましたが、それからずっと続いたのでびっくりです。6か月続けて飲んでいますが、たまにでなくなる程度でひどい便秘は今のところ見られないです。ひどい便秘に悩まされていた時は食欲が落ちてしまい好きな食べ物も残す状態でしたが、最近では美味しく食べられるようになりました。難消化性デキストリンには糖や脂肪の吸収スピードを遅くする作用もあり、そのおかげなのか3kgほどのダイエットにも成功できました。

今までダイエットしても失敗ばかりだったので、ケール青汁+食物繊維を選んで良かったです。ただしケール青汁+食物繊維は10日分で2800円とお値段的なデメリットがありました。もう少し安いと有難いのですが、大きな悩みが解消されたのでこれからも続けようと思っています。