お金をドブに捨てることに!?キャッシュバッカーの手口と対策とは


みなさんはキャッシュバッカー(CB)をご存知ですか?これは優良な出会い系サイトにもいる、サクラと似たような存在です。

誰彼構わずメールしていると、このキャッシュバッカーの餌食になり、多額のお金をドブに捨てることになるかもしれません。

「できるだけお金を使いたくない」
「騙されるのは嫌だ」

そういう方が大半ではないかと思います。そこで当記事では、キャッシュバッカーがどのような存在か、どのように対処すればいいのかをご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

キャッシュバッカーってどんな人?

サクラとは違います

キャッシュバッカーはサクラとは違います。やっていることは似ているのですが、最も大きな違いは、サクラは出会い系サイト運営会社に雇われたスタッフであるのに対し、キャッシュバッカーは一般女性であるということです。

ポイント目当てでサイト登録をしています

キャッシュバッカーの目的は、男性とメールするたびに貯まる換金可能なポイントを得ること、それを換金しお小遣い稼ぎをすることです。

出会い系サイトの多くは、女性に対し、男性会員とメールした回数やプロフィール画像を閲覧された回数に応じて、換金可能なポイントを付与しています。

それは微々たる額で、アルバイトのほうがよっぽど稼げるのですが、ちょっとした副業に、あるいは生活費の足しに、と、そのポイント目当てでサイト利用をする女性もいて、そういう人たちのことをキャッシュバッカーと呼ぶのです。

やりとりを長引かせようとします

キャッシュバッカーは一般女性ですから、その点においてサクラとは違いますが、やっていることはサクラとほぼ同じです。

どうでもいいことを質問したり、何かと理由をつけて連絡先交換やデートを先延ばしにしたりして、男性となるべく長くやりとりを続けようとします。それはもちろん、たくさんメールをこなしたほうがより多く稼げるからです。

キャッシュバッカーは完全に、お金目当てでサイト利用をしていますので、会えることは基本的にはありません。

キャッシュバッカー対策は?

おかしな質問の仕方をする人は相手にしない

キャッシュバッカーの常套手段として、質問をいくつかに分けるというのがあります。

たとえば、待ち合わせをしようという話になったとしましょう。するとキャッシュバッカーは「不安なんだけど、怖い人じゃないよね?」「本当に大丈夫だよね?」「じゃあ待ち合わせ場所どこにする?」「時間は?」「服装は?」「車で来る?」「車種は?」というふうに、一問一答のような質問の仕方をするわけです。

いっぺんに訊けよ、って感じですよね。こういう変な質問の仕方をする女性は、キャッシュバッカーの可能性が高いので、相手にしないほうが良いでしょう。

「仲良くなってから」はワナ

「会うのは仲良くなってから」「連絡先の交換は会ってから」なんて言われたことはありませんか? これはやりとりを長く続けるためのひとつのテクニックです。

仲良くなってから、といいますが、何を基準に仲良くなったかどうかを判断するのでしょう。

一見もっともらしいようですが、かなり抽象的で曖昧な主張です。信じてメールを続けても、「会うのはもうちょっと仲良くなってからがいい」などとはぐらかされ続けるのではないでしょうか。

それに、連絡先の交換は会ってから、というのもおかしな話です。会うことと連絡先を交換することだったら、会うことのほうがリスクは高いですよね。

待ち合わせはしてもいいけど連絡先の交換は無理というのは、ちょっと変じゃないかなーと思います。

私はこれまでに何人かの女性と出会い系で知り合い、会ってきましたが、連絡先の交換をせずに会ったことは一度もないですね。

「仲良くなってから」「会ってから」という女性は、キャッシュバッカーの危険性も高いですし、そうでなくても会える可能性は高くないでしょうから、相手にしないほうがよいでしょう。

キャッシュバッカー対策関連記事→口コミ人気の出会系アプリ 無料おすすめ情報2017