クレジットカードの現金化を行うメリットとデメリットとは?


クレジットカード現金化のメリット

クレジットカードの現金化を行うことには、いったいどんなメリットがあるのでしょうか。それにはまず、すぐにでもお金を手に入れられるというのがありますね。クレジットカードの現金化は、その該当のカードで買い物を行い、その品を買い取ってもらうという流れとなります。お金を借りるのとはまったくの別物でありますから、審査等はなく、カードを持っていれば誰でもすぐに現金が手に入れられるのです。

もちろんその審査がないというのもカード現金化のメリットでしょう。たとえば収入がないことなどから、消費者金融に融資を断られてしまった。そういう人でもクレジットカードさえ持っていれば現金化を行うことが可能です。ショッピング枠に一定以上の残高があることが条件ですが、しかし主婦でもフリーターでも無職でも、即日現金が受け取れるというのはやはりカード現金化に特有のメリットといえるでしょう。

そしてもうひとつ、カード現金化は、借金のようにその記録が信用情報として残ることはありません。ただ買い物をして、その品を売却した。それだけですから、カード現金化をしたことが、たとえば結婚や就職に響いてくるということもないのです。

カード現金化のデメリットは?

ここまで見ると、カード現金化にはメリットばかりですが、ではデメリットはあるのでしょうか。それはまずひとつ、多額の手数料を差し引かれてしまうというのがあります。専門の業者に依頼した場合ですが、たとえば100万円のショッピング枠を現金化してもらったとき、受け取れる額はその80%以下、つまり80万円以下となることがほとんどです。

それら業者が掲示している「換金率」というのはあくまで最大値であり、実際にはそれを下回ることがほとんどなんですね。

20%以上を手数料等として差し引かれるというのは、実は借金をするよりも割の悪いことなんです。消費者金融の利息は大体18%ですけれども、それは「年利」つまり1年で加算される利息の割合のことなんですね。現金化1回で20%と、1年で18%。えらい違いですよね。

もうひとつデメリットがあって、それは、業者に手数料を支払うと書きましたが、クレジットカード会社への利息もまた、それとは別に支払っていかなくてはならないことです。20%の手数料等を引かれて80万円受け取った。このときカードには100万円の購入履歴がついていますが、その100万円にも年利いくらといった利息が掛けられることになります。カード現金化はこのように、手数料や利息の負担が借金をする場合よりも大きくなってしまうというデメリットがあるわけですね。

お金が必要なら、できれば、キャッシング等で済ませたほうがよいでしょう。